ターナー

18世紀末イギリス、若かりしころからロイヤル・アカデミーで評判だった自由な芸術家のターナー(ティモシー・スポール)は、インスピレーションを得るために旅に出ることが多かった。また異色の作風から、画壇や観る者に理解されないこともあった。そんなある日、助手を務めていた父親が突然他界してしまい衝撃を受ける。(引用:シネマトゥデイ

映画『ターナー、光に愛を求めて』MR. TURNER
★★★★★★☆☆☆☆(THEATER)2015年094本目

【関連】
公式サイト

<サントラを聴こう!>


ターナー、光に愛を求めて