167020_02

鉢子(大島優子)は、特急ロマンスカーでアテンダントとして車内販売を担当している。その日も彼女は新宿駅を出発するロマンスカーに乗り込み、いつも通り真面目に仕事をこなしていた。するとどこから見ても怪しげな自称映画プロデューサー(大倉孝二)が乗っており……。(引用:シネマトゥデイ

映画『ロマンス』ROMANCE
★★★★★☆☆☆☆☆(THEATER)2015年140本目

【関連】
公式サイト


映画『百万円と苦虫女』DVD