jpg-large

恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。(引用:シネマトゥデイ

映画『グラスホッパー』GRASSHOPPER
★★★★★★☆☆☆☆(THEATER)2015年181本目

【関連】
予告編
公式サイト

<原作>


グラスホッパー 角川文庫