六城

一線のなりきり道をひた走る秋山竜次・友近のツートップがすべて純国産にこだわり抜いた和製洋画で映画界を揺るがす! 日本人だから成し得た深みある演技、日本の風景だから撮り得た絶景、日本の技術だから生み得た感動シーンの数々に、全日が震撼し、全日が泣いた。圧倒的スケールで描かれる完全オリジナルストーリーの純国産洋画を前に、観客達はこう呟くだろう「洋画は、国産に限る」。今回の作品は、相撲界から追放され、闇相撲に身を落とした元人気力士・六城、彼に訪れた突然のチャンスと遠藤との恋の物語。(引用:京都国際映画祭

映画『六城』ROKUKI
★★★★★☆☆☆☆☆(THEATER)2018年225本目
京都国際映画祭:秋山竜次さん 友近さん 舞台挨拶付

【関連】
公式サイト