曹操と楊修

中国後漢末期、戦乱の世が続いていた。後漢の宰相曹操は孫権・劉備連合軍と戦うが、赤壁で大敗。時代は、魏・呉・蜀、並び立つ三国の勢力が形成される局面。曹操は破れても諦めることなく、賢士を募り、再起を図ろうとする。賢士・楊修は曹操に仕え、その才能を愛され、功績も際立った。だが、この優秀だが高慢な二つの魂は、各々高遠だが卑劣という二重の品格が災いし、結局その協力関係は破綻する。人間の弱さの呪縛から抜け出せず、一人は早すぎる死を迎え、一人は苦しみと絶望に陥っていく…(引用:京都国際映画祭

映画『曹操と楊修』CAO CAO AND YANG XIU
★★★★★★☆☆☆☆(THEATER)2018年228本目
京都国際映画祭:尚長栄さん 滕俊傑監督 舞台挨拶付

【関連】
公式サイト