JEON WOO CHI

幽閉されていた妖怪が、神秘の笛を奪い脱走。道士ファダムは、笛と妖怪封印のため奔走するが、笛は巡り巡ってチョン・ウチの元へ。ファダムに師匠殺しの濡れ衣をきせられたチョン・ウチは、ふたつに折れた笛の半分を手に掛け軸に封印され、500年後、現代のソウルに復活する…。VFXとワイヤーアクションを縦横に使ったタイムトラベルは、手に汗握るシーンの連続で気の抜けるカットのない極上エンタメだ。(引用:京都ヒストリカ国際映画祭

映画『チョン・ウチ 時空道士』JEON WOO CHI
★★★★★★☆☆☆☆(THEATER)2018年267本目
京都ヒストリカ国際映画祭

【関連】
京都ヒストリカ国際映画祭