20ec53da87370f9e

タイジ(太賀)は、情緒不安定な母(吉田羊)に、心身ともに傷つけられていた。17歳で家を飛び出し1人で生きていこうと決めるが、幼少期から見守ってくれた工場の婆ちゃん(木野花)との再会や、大人になって出会った友人たちの存在に励まされる。やがてタイジは大好きなのに自分を拒絶する母に歩み寄り、向き合おうとする。(引用:シネマトゥデイ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』NO MATTER HOW MUCH MY MOM HATES ME
★★★★★★☆☆☆☆(THEATER)2018年290本目

【関連】
公式サイト