99611138e37cd54b

貧しいユダヤ人家庭出身のルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、必死に努力して名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時在学していた女性は500人中たったの9人で、女子トイレすら設置されていなかった。家事と育児に理解のある夫マーティン(アーミー・ハマー)の助けもあり、ルースは首席で卒業する。しかし女性というだけで法律事務所に就職することができず、大学の教授になる。(引用:シネマトゥデイ

映画『ビリーブ 未来への大逆転』ON THE BASIS OF SEX
★★★★★★★☆☆☆(THEATER)2019年037本目

【関連】
公式サイト